きゃっきゃ!きゃらっと

放浪猫 2

ウーちゃんがいなくなって少しした頃、長毛の猫さんが姿を見せるように
なりました。たぶん元はゴージャスなおぼっちゃまだったと思われるけど
毛が絡まってあちこちガビガビしてきちゃないお姿で。
けっこう匂いも振り撒きつつ(^^;

この子なぜかそのまま居つきました。弱ってたのかな~。
満腹になってもどこにも行かずいつも庭のどこかで寝てたっけ。
甥っ子がいつのまにか「フワ」って呼んでました。
毛がフワフワだからって。いや、ちっともフワフワじゃないしw

そして1か月後くらいに甥っ子が「ウーちゃんにそっくりの子が来てる!」と。
窓を開けてみたら確かに同じ柄のキジトラさんが。
でもウーちゃんよりもずっと情けない顔というか、ちょっと笑っちゃう感じの
子でした。この子はそのまま「トラちゃん」になった。
f0051937_1353240.jpg


まっ、どっちもオスだしそのうちどっか行っちゃうだろうと思ってたし、もしも
少しでも懐いたら確保して去勢しちゃおうって考えてました。

そうこしてるうちにどこからともなく黒白のメスが現れる。
「ミーちゃん」です。
f0051937_1363250.jpg


しばらく3匹でうちのお庭を守って?!ましたw
メスが入ってヤバいと思ったけど、ミーちゃんがグルグルふにゃ~んって
誘ってもフワもトラさんも全く相手にしないので、気をつけつつも見守る。

そんな日々が半年ほど続き、ふっとフワがいなくなった。
この時はなぜか、あぁ・・・姿を隠したのかなって直感的に感じた。

それから更に3か月ほど経って、今度はトラさんが来なくなった。
でもトラさんはちょっとサカリっぽい様子だったから、女の子を探しに遠出
したのかな~って。でも1週間経ち2週間経ち、全く姿が見えないとどこか
で事故にでもあったんじゃないかと心配でソワソワ。
だけどウーちゃんの時みたいに呼ぶのは我慢してました。
甥っ子にもトラさん呼んじゃダメだよって。ウーちゃんみたいに瀕死の状態
で帰ってきたらツラいでしょ、だから呼ばないでって言ってました。
1か月経ってもう完全に諦めたんですが・・・

いなくなってからちょうど2か月後。
やっぱり帰って来ました!ヘロヘロのボロボロになって。
ウーちゃんと全く同じような状況。でもトラさんの方が少し元気が残ってた
のか、保護して温めて少し落ち着いた頃に強制給仕をしたら食べました!
3時間おきにa/dを与えて3日後、自ら食べるようになりカリカリも食べれる
ように。すっかり甘ったれになってゴロゴロのどを鳴らしっぱなし。
もう甥っ子なんかトラさんトラさんってメロメロになってました。
かなり回復して安心してたら・・・
唐突に本当に突然にある朝いつものベッドで冷たくなってました。
何がどうなったのか???
どうしちゃったのか全くわからず呆然とするしかありませんでした。
頑張って元気になったのに。これからはうちの子としていっぱい甘えさせて
美味しいものもいっぱい食べれるよって言ってたのに。

ウーちゃんもトラさんも最期の場所に選んでくれて、ちょっとの間だったけど
甘えてくれて、嬉しかったけど・・・寂しすぎるよ。悲しすぎるよ。

んな訳で真夏の炎天下にまた4時間かけて穴掘りしました。
ウーちゃんのお隣で安らかにってね。

もうノラちゃんが来ても無視しよう。見ないようにしよう。
そう思ったけど、まだミーちゃんが・・・つづく。
[PR]
by kyara8 | 2015-06-06 02:08
<< 外猫さん 放浪猫さん >>



11ニャンズときゃらの日常
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30