きゃっきゃ!きゃらっと

<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

去勢

右近と左近はすっかり慣れて、爪も切れるようになったし、抱っこも
いつでもできるようになったので・・・
12月中に何とかと病院を予約し、市役所で助成金の申請書を貰い
駆け込みで去勢手術をしてもらいました。

いつもは数か所に置いてあるカリカリを全て空にしたら、他の子達
からスゴい抗議を受けたけど、そこはちょっと我慢してもらって(^^;

朝、気持ちよさそうに寝ているところを不意打ちくらわし、洗濯ネット
にポイポイと2つ放り込みキャリーへ。
病院へ向かう車の中でも、左近はずっと静かにしてたけど、右近は
ニャオ~ニャオ~って鳴きっぱなし。
預ける前の診察でも台の上で左近はジッと固まりされるがままなの
に、右近は先生に愛想を振りまきスリスリしたりして。
性格出てるなぁ~って(笑)
f0051937_1813478.jpg

ワクチン打ってなかったので手術後、インターフェロンの注射をして
もらって、抗生物質を3日分ずつ貰って、1匹1万円くらいでした。
めっちゃ安くないですか~田舎だからかな。

窓の前で出して~ってアピールしてるけど、しばらくは外出禁止。
傷にバイキン入って化膿したら困るからね!
f0051937_1865081.jpg


さて、昴はどうしよう。
本格的な発情が来る前に何とかしたいんだけど・・・
地道にコツコツ慣らすしかないか。
[PR]
by kyara8 | 2015-06-17 18:07

ちびっこ達 3

そして、ちょうど7か月になった頃・・・ママが豹変しました!
いきなり子供達を突き放した。チビらが近寄るとフーッ、シャーって。
猫パンチまで繰り出し激しく拒否。
戸惑う子供達。怒られる度にとっても悲しい顔してしゅんとしてました。

さっさと切り替えたのはこの子。右近くんです!
一番ママにべったりだったのに拒絶されるやいなや、さくっと気持ちを
切り替えたようです。
f0051937_14342820.jpg

ボクはここんちの子になるからいいですよ~。って感じで、それからは
私にべったり。ずっとまとわりついて可愛いのなんの(*^-^*)
f0051937_14362066.jpg


そして何事もなかったようにさらっとかわしたのがこの子。左近くん!
めっちゃマイペースなおっとりやさんです。
f0051937_1439563.jpg

甥っ子に抱っこもされるので、サーちゃん可愛い可愛いって大喜び。
ずっとじゃなくてちょこっと甘えて構われるのがいいらしい。
f0051937_14395319.jpg


諦めきれずに何度も何度もママにすり寄っては拒絶されて、見ている
こちらまでちょっとツラくなっちゃったのがこの子。昴くん!
f0051937_14483272.jpg

ビビりでちっとも慣れなくって、私がちょっと動いただけで速攻で逃げる。
誰か一緒じゃないと家の中で寛ぐこともなく・・・
この子は家猫にはなれないかなって思ったりしてました。
f0051937_14522644.jpg


かくしてママに突き放されたチビらは、昼間は外で自由に思いっきり
遊んで、夜になると家の中で過ごすようになりました。
[PR]
by kyara8 | 2015-06-07 14:54

ちびっこ達 2

3~4か月になった頃には、ほぼ一日中を我が家の庭の方で過ごす
ようになったので、軒下にUVシートを吊るしてその下にケージを設置。
犬小屋ならぬ猫小屋(笑)夜はそこでちゃんとかたまって寝てました。

んで、ご飯やおもちゃで家の中へも誘い込み徐々に慣らす・・・
まだまだママが一緒で窓が開いてないと入ってこないんだけどね(^^;
窓の外からパパちゃんも覗いてます。
f0051937_1411187.jpg

オレも守ってやるにゃ~ byマロン爺ちゃん
f0051937_1431798.jpg


5か月が過ぎた頃には突然2階の窓の外に現れてビックリ!
木登り得意だからね~。
f0051937_14213942.jpg

f0051937_1473171.jpg


6か月を過ぎてもママにべったりで、まだおっぱいを飲んでる(><)
子供達だけ家に入れて窓を閉めちゃうと、ママがものすごい声で鳴いて
抗議して、ちびらも出る出る~って大騒ぎ。
ママちゃんは窓を閉めると網戸破壊して出ていっちゃうしね。
f0051937_14134639.jpg

f0051937_14143458.jpg

こんなんじゃうちの子にはできないかな~。困ったにゃ~。
どうしよう・・・
[PR]
by kyara8 | 2015-06-07 14:16

ちびっこ達

まずママにそっくりな白黒ハチ割れさん。
f0051937_1341023.jpg

やんちゃで2mくらいの高さを転げ落ちました。すぐに助けて戻してあげた
のに、それ以来フー!シャー!って私の顔を見るといっちょ前に威嚇(^^;
気が強そうだな~って感じでした。

お次は額に富士山柄がある子。
f0051937_1394697.jpg

おめめが小っちゃくてちょっと情けないお顔。
でも性格は一番穏やかそうで、ご飯もいつも残り物を最後まで食べてた。

もうひとつはパパにそっくりなキジトラ白さん。
f0051937_1434825.jpg

この子は一目見た瞬間やられました!ズギュ~ン♪って。
だってだって、もう二度と巡り合えないと思ってた、くるくるしっぽ!!
うわっ、キャラちゃんか?帰ってきたのか?って(≧▽≦)

とりあえず仮の呼び名として上から、すみれ、ふじこ、くるんなんて適当
に呼んでましたw 本猫達はまだわかんないしね。

んまぁ~可愛いのなんのって。
コナン以来12年ぶりの子ニャンコなので、家族全員メロメロのデレデレ~。
一日中誰かしらが窓を開けて眺めてる状態でしたwww
f0051937_203619.jpg

梅雨時期はご飯場に傘まで設置したりして。

ちょっとしたら我が家の庭に放置してある洗濯機の上でお昼寝するように。
f0051937_225676.jpg

この頃には3つともオスなのが判明して真剣に名前を考え始める。
が、我が家の前例3文字で最後が「ん」の名前が中々浮かばず悩みまくる。
ひとまず幼名として悟空・悟飯・悟天と呼び始めた。
[PR]
by kyara8 | 2015-06-07 02:10

外猫さん

ミーちゃん。
初めて見た時チョビの姉妹かと思いました。
ここら辺は黒白猫が多いんですよね~。
っていうか、我が家から徒歩5分くらいの裏の方にある牛乳屋さんの
お庭にしょっちゅう子猫がいるらしいんです。
私は誘惑に負けそうなので見に行ったことはないのですが・・・
姉が犬の散歩でよく見かけるみたいで、また子猫がいたよって。
甥っ子の同級生のお婆ちゃんちなのですが、飼ってるんだかノラさん
なんだかそのお友達に聞いてもよくわからないようで。
ともかくその家で見かけるのが、みんな黒白ハチ割れ系のようなので
ミーちゃんはそこから流れてきたのかなと思ってます。

トラさんが亡くなってからしばらくは、ミーちゃんだけが訪ねてきてたん
ですが、時々でっかい猫をちらほら見かけるように。
最初は姉が来た時に「コナンが外に出てるよ!」って言うから、慌てて
見たらそのでっかい子でした。体型は似てるけど色が違うし。
それがパパポン。タヌキみたいだったからポン太です。
f0051937_0551151.jpg

いつの間にかミーちゃんとラブラブで・・・
f0051937_0574821.jpg

何度も何度も捕獲を試みたんだけど、ポン太は全然近寄ってこないし
ミーちゃんはめっちゃ用心深くって失敗ばかり。
他にも餌場があるのか捕獲器の中のご飯なんて見向きもせず・・・

そうこうしてるうちにミーちゃんのお腹はポッコリ。
あぁ。

4月下旬には出産した模様でしたが、どこで産んだのやら。
近所を散策してみても声も聞こえないし、ミーちゃんを追跡しても追い
きれず見失ってしまって、お手上げ状態でした。

ちょうど1か月が過ぎた頃ミーちゃんに、赤ちゃん達もう離乳食の時期
だから連れて来なさいよ~ご対面させてよ~って、しつこくしつこく毎日
言ってたら・・・仕方ないわねって感じで連れて来ました。
f0051937_110416.jpg

こんなん出ました~ってか(笑)

ここはちょっと高くなってるお隣の敷地です。
裏ではないんだけどお互いの玄関が両サイドにある感じで、家の奥の
側面が接してる位置。どちらからもけっこう死角になる場所です。
ここに連れてくるって事はお隣さんのどこかで産んだのか?!ってこと
で探索に行ったら、今は使ってないボロボロの物置の入口の隙間から
ちょろっとちっこいのが顔を出しました。うわっ、こんな近くで(><)

それ以降は毎日夕方になるとこの場所でご飯を待つように。
大きくなるにつれ我が家の敷地に飛び降りて遊ぶようにもなりますが
ここら辺で次回に続く。
[PR]
by kyara8 | 2015-06-07 01:22

放浪猫 2

ウーちゃんがいなくなって少しした頃、長毛の猫さんが姿を見せるように
なりました。たぶん元はゴージャスなおぼっちゃまだったと思われるけど
毛が絡まってあちこちガビガビしてきちゃないお姿で。
けっこう匂いも振り撒きつつ(^^;

この子なぜかそのまま居つきました。弱ってたのかな~。
満腹になってもどこにも行かずいつも庭のどこかで寝てたっけ。
甥っ子がいつのまにか「フワ」って呼んでました。
毛がフワフワだからって。いや、ちっともフワフワじゃないしw

そして1か月後くらいに甥っ子が「ウーちゃんにそっくりの子が来てる!」と。
窓を開けてみたら確かに同じ柄のキジトラさんが。
でもウーちゃんよりもずっと情けない顔というか、ちょっと笑っちゃう感じの
子でした。この子はそのまま「トラちゃん」になった。
f0051937_1353240.jpg


まっ、どっちもオスだしそのうちどっか行っちゃうだろうと思ってたし、もしも
少しでも懐いたら確保して去勢しちゃおうって考えてました。

そうこしてるうちにどこからともなく黒白のメスが現れる。
「ミーちゃん」です。
f0051937_1363250.jpg


しばらく3匹でうちのお庭を守って?!ましたw
メスが入ってヤバいと思ったけど、ミーちゃんがグルグルふにゃ~んって
誘ってもフワもトラさんも全く相手にしないので、気をつけつつも見守る。

そんな日々が半年ほど続き、ふっとフワがいなくなった。
この時はなぜか、あぁ・・・姿を隠したのかなって直感的に感じた。

それから更に3か月ほど経って、今度はトラさんが来なくなった。
でもトラさんはちょっとサカリっぽい様子だったから、女の子を探しに遠出
したのかな~って。でも1週間経ち2週間経ち、全く姿が見えないとどこか
で事故にでもあったんじゃないかと心配でソワソワ。
だけどウーちゃんの時みたいに呼ぶのは我慢してました。
甥っ子にもトラさん呼んじゃダメだよって。ウーちゃんみたいに瀕死の状態
で帰ってきたらツラいでしょ、だから呼ばないでって言ってました。
1か月経ってもう完全に諦めたんですが・・・

いなくなってからちょうど2か月後。
やっぱり帰って来ました!ヘロヘロのボロボロになって。
ウーちゃんと全く同じような状況。でもトラさんの方が少し元気が残ってた
のか、保護して温めて少し落ち着いた頃に強制給仕をしたら食べました!
3時間おきにa/dを与えて3日後、自ら食べるようになりカリカリも食べれる
ように。すっかり甘ったれになってゴロゴロのどを鳴らしっぱなし。
もう甥っ子なんかトラさんトラさんってメロメロになってました。
かなり回復して安心してたら・・・
唐突に本当に突然にある朝いつものベッドで冷たくなってました。
何がどうなったのか???
どうしちゃったのか全くわからず呆然とするしかありませんでした。
頑張って元気になったのに。これからはうちの子としていっぱい甘えさせて
美味しいものもいっぱい食べれるよって言ってたのに。

ウーちゃんもトラさんも最期の場所に選んでくれて、ちょっとの間だったけど
甘えてくれて、嬉しかったけど・・・寂しすぎるよ。悲しすぎるよ。

んな訳で真夏の炎天下にまた4時間かけて穴掘りしました。
ウーちゃんのお隣で安らかにってね。

もうノラちゃんが来ても無視しよう。見ないようにしよう。
そう思ったけど、まだミーちゃんが・・・つづく。
[PR]
by kyara8 | 2015-06-06 02:08

放浪猫さん

チョビが我が家に来てからちょっとした変化が。

それまで全く見かけなかったノラさんが訪ねてくるようになりました。
避妊手術をしてなかったから匂いにでもひかれたのかな~。
チョビが来る前は爺さん婆さんしかいなかったしね(笑)

最初に現れたのが、キジトラのウーちゃん。
窓のすぐ近くまで来るくせに、顔を見せるとウーウー唸ってたから
そのまんまウーちゃん。
f0051937_129781.jpg

この子はどのくらい通ってきてたかな・・・2年くらい?!
近所に同じ柄のお母さんと真っ黒な兄弟がいたんだけど、うちの庭
にやってくるのはウーちゃんだけでした。

毎日毎日ご飯を食べに来るのにまったく懐かず。
ホンのちょびっとも触らしてくれなかった。
それどころか1m以内には寄ってこなかった(T_T)

そのうち同じキジトラの男の子が何匹か顔を出して、2号とか3号とか
呼んでました。
うちのチョビちゃんはスラっとして男前の3号がお気に入りで、3号が
来ると窓際でくねくねして誘ってたんだけど・・・
ウーちゃんがオレの縄張りだぞ~って感じで威嚇して追い払ってた!

そんなちっとも懐かないくせにいっつも居るウーちゃんにいつのまにか
家族全員すっかり情が移ってしまってました。

なのに・・・ある日ふっと姿が見えなくなって・・・
どこ行っちゃったんだろう?女の子探しの旅にでも出ちゃったのかな?
とか思ってたんだけど、2日経ち3日経つうちにどんどん不安が募って
きて、近所を探して歩いてみたり何度も名前を呼んだり。
そうこうしつつ1週間。
窓を開けてウーちゃんウーちゃんと呼んでたら、木々の間からヨロヨロ
しながら帰ってきた!そして私の1m手前で力尽きたように倒れた。
慌てて外に出て駆け寄っても威嚇する元気はなく、本当にボロボロに
なって命からがら戻ってきたって感じでした。
どうしよう、何か病気を持っててうちの子に感染しても困る、でも放って
おくことはできない、悩んだ末に1階奥の部屋をうち猫立ち入り禁止に
して、押し入れ収納ケースをひとつ空けてそこに毛布とシーツを敷いて
ウーちゃんを横たえた。抱っこしてもうんともすんとも言わず。
身体が冷たくなってたのでペットボトル湯たんぽを作って入れ温める。
ずっと名前を呼びながら撫でてたら・・・ゴロゴロって!!
なんだよ~こんな状態になってから甘えるなら、もっと早く懐けよ~。
翌日、病院に連れて行って点滴をしてもらったけど、もう焼け石に水と
いうか手遅れというか、後はこの子の気力だけでしょうと。
頑張れ!ウーちゃん。元気になれ!ってずっと付きっ切りで看護して
その夜と次の日の朝にホンの少しだけお水とご飯を舐めたんだけどね。
ダメでした。最期は私の腕の中で小さくゴロゴロのどを鳴らしながら・・・

もっと早くに懐いてたら家の子にしたのに。
野良の矜持を貫いたウーちゃん。お馬鹿さんだね。
でも帰ってきてくれてありがとう!最期に甘えてくれてありがとう!
今度生まれ変わったら、うちの子になっていっぱい甘えるんだよって
言い聞かせながら皆でたくさん撫でてあげました。

翌日、ウーちゃんがいつも寝そべっていた椿の木の下に、6時間かけて
穴を掘ってそこに埋葬しました。
お気に入りの場所で安らかに眠って欲しかったから。
[PR]
by kyara8 | 2015-06-05 02:28



11ニャンズときゃらの日常
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31