きゃっきゃ!きゃらっと

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日の元気玉@うこぺー

今日はとっても寒かったけど、お天気が良かったので
庭の落ち葉掃除をしてました。

まず熊手や竹ぼうきで降り積もった落ち葉を掻き集める。
これだけでも大変!
始めてすぐに、うこぺーが手伝うにゃ~ってやってきた。
うにゃうにゃ言いながら枯葉で遊び始める(^^;
f0051937_23534622.jpg

f0051937_2356134.jpg

それを聞きつけたスーくんも。
にゃににゃに~遊ぶの~って。
f0051937_23573231.jpg

山登りすりゅ?しませんから~(^^;
f0051937_2358366.jpg

大きな山がいくつもできたので、しゃがんでゴミ袋に詰め
始めたら、うこぺーすかさず膝に乗ってくる。
えっ?何してんのよ~重いんだけど。
暖めてくれてるの?
それとも鍛えてくれてるのか?
けっこうきっついぞ(--;
降ろして立ち上がって、場所を移動してしゃがんでもまた
抱っこしてくる。うこが寒いんじゃないのか~?
お家に入ってなさいよ、もう。

そうこうしてあらかた片付いたら、チョビとカノとモエちゅも
出てきて、みんなで追っかけっこし始めた。
木に駆け登ったりしてすっごいアクティブ。野生満載。
最初から勝手に遊んでてくれればいいのに・・・と思いつつ
うこぺーの可愛さに癒されながらのお掃除でにんまり♪

終わったのか~?よしキレイになったにゃ。
f0051937_083585.jpg

んで、みにゃさん疲れたらしい(笑)
f0051937_010312.jpg

f0051937_0112092.jpg

オレ様お手伝いしてやったぜ!
f0051937_0115751.jpg

はいは~い、ありがとう。おかげで足腰が痛いよ(><)
[PR]
by kyara8 | 2016-11-27 00:14

ルナっち

10/2(日)
姉がお休みだったので近くのペットセレモニーに送迎をお願いして
ノアちゃんを火葬してきました。
真正面に富士山の見える、空気の澄んだ小高い丘の上の新しい
施設です。初めてのとこでちょっと不安もありましたが、担当の方が
とても感じがよく丁寧で、施設も手順もお値段も全てにおいて満足
できました。こんな近くにあったならもっと早く知ってれば・・・と。

小っちゃくなっちゃったノアちゃんを連れて帰り、ちょっと気疲れした
のか眠くなっちゃったので、ルナちゃんに寄り添い少し仮眠を。

ルナは春先から肺に腫瘍があり闘病中でした。
とはいえ毎日朝晩の利尿剤だけで、元気も食欲もあったので特に
闘病中という意識はあまりなかったのですが。
めっちゃくちゃ甘ったれになってて、私が座ってる時は常に膝の上。
何か用事をしてても姿が見えてるとずっと、構って~って鳴いてる
ので毎日ベッタリと過ごしてました。
そんなルナちゃんも暑さが和らいだ頃から少しずつ衰えが目立ち
始めて、イキイキ婆ちゃんだったのがすごく老いを感じるように。
もうね18歳だもんね、病気がなくったって先はそう長くはないよね。
お彼岸が終わる頃にはご飯もほとんど食べなくなっちゃって。
ルナは本当にドライフードオンリーで、その他は何にも食べない子
だったから、強制給餌も最初から選択肢になく、胸に水が溜まって
しまうのを防ぐための利尿剤だったので皮下点滴もできず。
自ら食べるのをやめた時には何もしてあげることがなくってね。
とにかくそばに寄り添ってあげるのみでした。

この日、仮眠を取った為いろんなことがいつもより遅くなっちゃって
ご飯の支度をしてお風呂に入ってと2時間半くらい離れてて部屋に
戻ったら・・・
ルナちゃんが有り得ない体勢で寝てました。
寝返りを打とうとして体力が追い付かなかったんだと。
すぐに抱き上げたけどもうすでに息がなく、でも本当にたった今って
感じで、抱いて名前を呼んでたら私の腕の中で失禁しました。
最期の最期に看取ってあげれなかった。
独りで逝かせてしまった。
ごめんねルナ。寂しかったね。
あと5分でも早く戻っていればと悔やまれてなりません。

ルナちゃん享年18歳6ヶ月。
f0051937_12748100.jpg

f0051937_1283070.jpg

今年の3月に急に呼吸がおかしくなり動物病院へ。
獣医さんから肺がんと宣告され、レントゲン写真では胸から胃の辺り
まで真っ白で肋骨さえ映らない状態でした。
胸水が溜まって呼吸が苦しいんでしょうってことで利尿剤を処方され
るも、かなり進行していて末期ですと。
明日にも命が失われても不思議じゃないと言われました。

でもそれから7か月も頑張ってくれました。
しかも見た目はとてもイキイキと元気な状態で!
スゴイなぁ~ルナは。さすがスーパー美魔女婆ちゃんだ♪って。
f0051937_138193.jpg

f0051937_1385591.jpg

f0051937_1401627.jpg

f0051937_1424095.jpg

亡くなるその日まで肺が呼吸が苦しそうなそぶりは見えませんでした。
老衰で亡くなった子達と同じような経過で。
その姿を見てた限り、しっかり天寿を全うしたのかなと思います。
あっぱれ!だよ~ルナっち。

生まれた瞬間から18年6ヶ月、本当に長いあいだ一緒にいて
くれて、たくさん可愛い姿を見せてくれて、いっぱい甘えてくれて
癒してくれて、本当に本当に感謝でいっぱいよ。
ありがとう!ルナ。大好きだよ。
また生まれ変わったら一緒に暮らそうね。

今日、いやもう昨日になってしまいましたが、四十九日を迎えました。
きっとゆっくり天国へ旅立ったと思います。

ひとつの区切りなのでブログに書いておこうかなと。
やっとそういう気持ちになれました。
[PR]
by kyara8 | 2016-11-21 01:54

ノアちゃん

またまた間が空いてしまいました。
実は・・・
コナンとベルの悲しみがようやく落ち着いてきたかと思った頃
またしても立て続けの別れが。

9/30(金)
甥っ子が学校から帰って来るなり玄関先で「ノアがひかれてる!」と。
急いで見に行ったら道路の隅っこに横たわってました。
すぐに家にとって返しダンボール箱にペットシーツを敷いたのを持って
連れてきたけど・・・
真っ黒な子で目立つ特徴もなく首輪もしてなかったし、ノアちゃんって
こんなに大きかった?こんなにシッポ短かった?と半信半疑でした。
いや、きっと受け入れたくなかったんだな。
違う!ノアじゃないって思いたくって理由を探してたんだね。
とりあえず玄関先に安置して、いつものご飯の時間が過ぎても、夜食の
時間が過ぎても、ノアちゃんが帰って来ないのを現実として受け止めて
改めて、身体を清め合掌しました。
f0051937_0355231.jpg

ノアちゃん(♀)1歳5か月
全く触らせてくれなかったけど、ご飯の時間には私の足元できっちりと
お座りして待ってたり、他の子にオヤツあげてると遠くからニャン!って
アピールしたりするくらいまでにはなってました。
艶々の漆黒ですごくキレイな子だったのに。
もっともっと甘えて欲しかったな。もっともっと可愛がりたかったよ。
f0051937_0515278.jpg

ベルといいノアといい黒猫は闇に溶けて夜は見えないんだろうな。
完全に室内飼いにしないとこれからも同じことが起きる可能性はあるし
いろいろ試行錯誤はしてるんだけど、毎日が猫との知恵比べみたいに
なってしまっている。同居人にも協力は頼んでいるけど強制はできず。
うちの子じゃなく地域猫として割り切るしかないのかな・・・
f0051937_0535074.jpg

f0051937_0464518.jpg

ツラいな。

11/18(金)が四十九日でした。ちゃんと天国に行けたかな。
ノアちゃん安らかに。
今度生まれ変わったら、い~~~っぱい甘えて、可愛がられて幸せに
長生きするんだよ!それまでゆっくりおやすみね。
[PR]
by kyara8 | 2016-11-21 00:54



11ニャンズときゃらの日常
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30